土づくり研究所 電話でお問い合わせ
サイトマップ 会社概要 特定商取引法の表記 メールでお問いあわせ
HOME 商品のお買物 竹パウダーについて 竹炭について 竹酢液について 竹パウダー開発秘話 土壌改良材とは

竹パウダーについて 乳酸菌発酵の秘めたパワー
  竹パウダーって?

竹パウダーとは、竹林から伐採した孟宗竹を破砕機でパウダー状に加工されたものです。
まるで【きな粉】の様な状態で、それを見る限りでは、竹だとは思われません。

竹の生息している竹林の土には、乳酸菌や土着菌等のバクテリア類の宝庫です。
竹には成長するために必要な水分を吸い上げる沢山の孔が開いています。
その穴を通じて水分といっしょにバクテリヤ類も、竹の中に吸収されていきます。

それをパウダー状に微粉末化する事によって自然発酵しやすい状態になります。
特に乳酸菌は出来るだけ空気と触れない様な状態で保管すると発酵し始めます。
一定期間発酵させる事で、竹パウダーはオーガニックな野菜作りに適した土壌改良剤となります。

【乳酸菌は土中で善玉菌を活性化させ、腐敗菌や病原菌などの悪玉菌を抑制します。】

野菜や果物の成長が早く、糖度が高くなる、収穫期間が長くなり収穫量が多くなる。
また、病気に掛かりにくくなり、雑草の発生を抑える効果があると言われています。

ところで、あまり知られていないことですが、パンダと竹の関わりは重要な結びつきがあるのです。
聞くところによると、パンダの祖先は800万年前にいたらしく当時は肉食でした。
しかし、厳しい氷河期がおとずれ、雪の中でも青々としている竹を食べることで生き延びることができたのです。
竹は、底知れぬ力があるのですね 。


竹パウダーの原料になる竹を採伐。

竹は多孔質と云われます。
顕微鏡写真 を見れば一目瞭然です。
この多孔質がバクテリア類の住処となったり、消臭・浄化効果を上げる事に役立ったり、する訳です。一般的に竹そのものの状態ではこの多孔質が有効に働きにくいです。竹炭にしても有る程度の細かさに砕かないと効果が有りませんし、竹のパウダーは擦り潰している為、孔が潰れてし まいます。
ところが当研究所の竹パウダーは切れ味鋭い粉砕技術でこの孔を壊す事無くパウダー化しているのでその表面積は莫大になっている為、大変有効に作用します。
同じ様な竹パウダーでも,他社とは違う訳です。

竹パウダーの原料になる竹を採伐。 竹の中に居る乳酸菌や土着菌類は、
竹パウダーを電子顕微鏡で見るとはっきりと映っています。
丸っこいモノがバクテリアです。
このページの上に
<従来の竹粉砕>
 
<当社オリジナルの竹粉砕>
 
従来の竹粉砕 当社オリジナルの竹粉砕 従来方式とは違う圧倒的な超微粒子
だから
発酵スピードが違います!

竹の粉を真空状態で発酵させると乳酸菌を発生させることが知られていますが、粉の粒子が細かければ細かいほど、発酵スピードが速くなります。つまり、微粒子であるほど土壌改良剤としての効果も高くなると考えられます。

竹パウダーを土壌に ミミズや微生物の棲む豊かな土へと変わっていきます! 微生物の増殖、乳酸菌発酵により通気性・保水性・排水性がアップ!
竹パウダーを土壌にまんべんなくスキ込む。又は蒔きます!
  ミミズや微生物の棲む豊かな土へと変わっていきます!   微生物の増殖、乳酸菌発酵により通気性・保水性・排水性がアップ!   元気な野菜は元気な土から生まれます!

土づくり研究所の竹パウダーは、
乳酸発酵をさせていますので、すぐにご利用いただけます。

土壌改良材として
① 発芽・発育促進
② 根の張り抜群で成長が促進
③ 野菜の甘みや旨味が増加
④ お花がモリモリ♪ワサワサ
⑤ 連鎖障害にも
⑥ 病気になりにくくなる
⑦ 収穫量の増加につながる
⑧ 土中の雑菌の繁殖を防ぎます
⑨ 竹の消臭効果で、臭いも解消。

そのほかにも
① 畜産・酪農・養鶏の飼料配合材として使います。
② 生ゴミを処理する基材として使用します。
③ 消臭剤として使用できます。
④ 排水の浄化材として使用します。
⑤ 入浴剤として使用します。
⑥ カブトムシ・クワガタ生育用マット材として使用します。
⑦ 歯磨き粉に散布して歯石除去・虫歯予防に使います。
⑧ 石鹸などに混ぜるとスクラブ効果が上がります。
⑨ 発酵熱を活かしての竹パウダー足湯として使います。
⑩ 育毛剤として使用します。
⑪ バイオエタノールの基材として期待できます。
⑫ 壁紙などの建築資材としての使用が期待できます。
⑬ パンやクッキーの中に混ぜて使用します。
⑭ 竹パウダー入り枕として使用します。
⑮ 竹パウダーを活用して繊維化し、生地として使います。
など、秘めたるパワーは未知数です!
このページの上に


HOME 商品のお買物 竹パウダーについて 竹炭について 竹酢液について 竹パウダー開発秘話 土壌改良材とは
土づくり研究所(Produce by 宝角コーポレーション ) 〒672-8035 兵庫県姫路市飾磨区中島1345-2 TEL.079-234-4116 FAX.079-234-5116
Copyright(c)2009-2013,土づくり研究所,All Rights Reserved